ウォーターサーバー宅配のメリットデメリット比較

ウォーターサーバーは絶対に導入すべき。いや水道水で十分だよ。と未だに意見は分かれることが多いですよね。私は多少のデメリットには目をつぶってもウォーターサーバーは一家に一台あったほうが細かいところで活躍しますし円満になると考えている一人。押しつけがましい性格なのかもしれません。一人でも多くの人にウォーターサーバーの良さをしってもらいたいと考えています。でもよいことばかりを伝えても仕方ないので悪いデメリットの部分も伝えていきたいと思います。そのデメリットの部分が許容範囲であればウォーターサーバーを設置して満足できる生活が遅れると思っています。

利点、メリットは?

ウォーターサーバーのメリットは人気になる理由を探してみると良く分かります。一つ目は誰も疑う事のないこと。冷えた水です。最初のウォーターサーバー設置とかは手間がかかり冷えるまでの時間がかかりますが、一度冷えてしまえばもう大きな手間はありません。

その一口目の冷えた水は感動です。私だけじゃなくウォーターサーバーを導入した友人に聞いても確かに最初のウォーターサーバーの水飲んだ時は感動したわ。という感想をもらえました。ツイッターが好きなのですが、会社にウォーターサーバーを導入された社員さんのつぶやきなどでも旨すぎて感動みたいなのは少し探せば出てきます。

実際のところウォーターサーバーを使うメリットはここだけでもよいのですが、水ですから生活の水にかかわることに色々と活躍してくれます。

想像してください。いつもお湯を沸かして飲み物を作っていませんか?スーパーから買ってきたペットボトルを冷蔵庫に入れて場所をとられていませんか。ゴミ捨ての分別住んでいる市区町村が厳しく面倒じゃないですか。来客が合った時ささっとお茶を出せたら便利じゃないですか。そんな本当に普通の事ですが、ウォーターサーバー一台で時間の手間無くさくっとできてしまうのです。しかも軟水で、温度は人間が美味しく感じる適正温度に設定されているので旨いのです。

デメリットは?料金が高い、部屋の邪魔になる

ウォーターサーバーのデメリットは使う人のキャパにも関わってきますが、大抵の場合は、お金が意外とかかるという点でしょう。社会人の一人暮らしやご家庭の方等であればたいした痛手にならない出費なのですが、人気になってきているウォーターサーバーは学生さんや20代前半のまだ収入が少ない方も手を出す代物になってきています。そういった場合は満足する場合もありますが、やはりお金の使い道が色々あって金欠状態の時はウォーターサーバーの出費が負担になる・・・。という声は多いです。ですから家計に圧迫するかどうかは先に考えて導入を検討したほうが良いでしょう。目安としては1人暮らしなら4千円~。4人暮らしなら4千~1万円くらいが月間のコストと考えておきましょう。

こちらの記事でも一人暮らしについて触れています→ ウォーターサーバーは一人暮らしや赤ちゃんと家族によって全く違う

また、一戸建てや、3LDK、4LDK等々余裕のある家に住んでいる方であればウォーターサーバーは寧ろインテリアになりますが、一人暮らしの手狭ワンルームですと少し圧迫感があります。また、夜が少し問題になってきます。冷蔵庫や時計の音が夜寝るときに気になる方はデメリットになりと思うのですが、ウォーターサーバーも割と音がうるさいです。寝室と一緒にウォーターサーバーを設置するとそうなる可能性もあるのはデメリットの一つかと思います。

そして圧迫感ですが、実際のスペース自体はあまりとりませんが、ワンルームだと部屋の空間を旨く利用し棚など作ったりすることもあるでしょう。ウォーターサーバーのせいでそのような空間が利用しずらくなったというのは聞いたことがあります。これはその人あたまたまだったという可能性も多いにありますが、場所はとるものです。